2007年01月11日

ほしいものがほしいわ

といったのは糸井重里×西武百貨店。

1988年バブルの日本、
モノはいっぱいあるし、いろいろ欲しいのだけど、
実は本当にほしいものがない。
そんな消費者心理を見事にとらえたコピーでした。


続きを読む

2006年12月27日

あれも辞めよう

とある協会に退会届けを出した。

本業の関係で入っていた協会なのだけど
しばらく活動してみてその内容のお粗末さに
あきれてしまったのだ。

それでも以前の私なら、
まだ在籍していたかもしれない。


でも、いろんなものを
そぎ落としている私としては
中途半端なものは余計。


もっともっとシェイプアップするべく
いろんなサービスを辞めていこうと思っている。


あとは最近すっかり使っていない
大手証券会社の口座を閉じるかな。。。



どれを取っておくのか、どれを残すのかについては
これが結構判別にむずかしい。

ものやサービスには3つの段階があって

1-本当に必要なもの
2-あると便利だったりうれしかったりするもの
3-必要ないもの


1の取捨選択もなかなか難しいのだけど
問題は2のカテゴリー。

便利だからつい手元に置きたくなるし
うれしいから手放せない。

そこにどんな形で線を引くのか。。
これは来年の課題だな。

続きを読む

2006年12月20日

捨てる技術

モノを捨てる生活もだんだん板についてきた。

ただ、簡単に捨てられるものは
ほとんど捨ててしまったので、
ここから先に捨てていこうというのものは
それなりに思い入れがあって、悩ましいのだ。


そんなときに、とある本で

「必要はないけれど、
 なんとなく捨てられないモノ」

を捨てるテクニックが書いてあった。


そのモノをデジカメで撮って、
モノ自体は捨ててしまおうというのだ。

なるほど、それなら「思い入れ」なり「思い出」
の部分は写真という形で保管されるし
デジタルなら場所も食わないし便利かも。。



というわけで、昔いただいたポストカード。

なんとなく捨てがたかったのだけど
今回思い切って写真に収めて、捨てることにした。

その中の一枚。




作者はイラストレーターのスージー甘金さん。

なんとも味わい深く
そしてとってもくだらない作品で
大変気に入っている(^_^;)

   

続きを読む

2006年10月08日

ゴミの山に暮らす




もう使わなくなった不動産関係の資料を
手動シュレッダー(ただ破るだけ)で細かくする。

いらない本を処分する。

ちょっとした整理整頓で
ゴミが出るわ出るわ。

たぶん同じぐらいのゴミが
あと10回は出るのではないかと思っている。

資源の無駄ということもあるけれど
きちんと検索できない資料は持っている意味がないし
古い資料は新しいものにすべきだろう。

そんなふうに考えると
都会に事務所がある私にとっては
資料は街に預けておくほうが鮮度が高いかもしれない。

いつ食べるのか分からない食材を大量に買い込んで
腐らせてしまうのと同じだ。

実は、本当に保存する必要のあるものは
驚くほど少ないんじゃないかなぁ。



投資ブログランキング
人気ブログランキング



続きを読む

2006年09月28日

旅は身軽なほうがいい




「ミニマムで豊かな暮らし」がいいのではないか
と思ったのは先日の日記にも書いたが
人生は旅なのではないかと思ったからだ。

中田の引退コメントの
「人生とは旅であり、旅とは人生である」
を読んだからというわけではないが
その文章にはかなり共感する部分があった。


そして私は考えた。

人生が旅で、そして目的地を探す旅ならば
荷物は少ない方がいい。

本当に必要なものだけを持って
旅をするべきなんじゃないか。って。

少し長めの旅だと思って
1年ぐらい旅行に出るとする。
そうすると何を持っていくだろう?
これは持っていかない。
これも持っていかない。

意外と持っていくものは少ない。

旅先で部屋にこもっているなんて
もったいないから、本はすこしあればいい。

旅先で買ったっていいわけだから
今必要がないと思っているものは
持っていることもないんじゃないか。

昔を思い出す古く、懐かしいもの。
いつか見たいと思う時がくるかもしれないけど
それもほんの少しでいいのかな。



こういうときの基準はあくまで人それぞれ。

ベンツと数百平米の自宅が最低限という人もいれば
6畳一間で家具もいらないという人だっている。

ただ、たくさんのモノに持って旅をすることになると
ホテルからホテルへモノを動かすだけで時間がかかってしまって
肝心の旅が楽しめないような気がするのだけど。。。

そんなわけで人生という旅は
身軽で管理しやすい少ないモノだけ持って
旅をするほうがいいと思うのだ。


投資ブログランキング
人気ブログランキング


続きを読む

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。