2007年10月12日

黒川紀章

R071012.jpg


整理すること。
将来を予測すること。
人の生活を見通すこと。


私のやっているデザインの仕事にも
共通するところが多いのだけど
予測して整理して分かりやすくして
その先にあるものを浮かび上がらせる。

建築家の仕事もそういう仕事かな。


続きを読む

2007年04月19日

隈研吾

R070419.jpg


正直、私は隈研吾の建築が嫌い。

でも時々気になってしまう存在で
先日もNHKでやっていたテレビを見てしまった。


気になってしまう理由はきっと
彼のクリエーターとしての自分プロデュース力。

安藤忠雄、黒川紀章ら
トップクラスの建築家はみんなうまいと思うけど
すでにプロデュース力を発揮する部分は
ほぼ終わっているので
そういう点で見えてくるものは少ない。
ブランディングが完了しているともいえるかな。


そういう点で現在進行形な隈さんは
よく見えるし気になるのだ。


続きを読む

2006年03月10日

平山郁夫?

前にアクアラインを通りながら、
なんだありゃと思っていた「風の塔」

建築家、伊東豊雄の履歴の中に
「風の塔」という名前があるのを見てこの人の設計?
なんかイメージ違うなぁと思っていたら
このひとのはパンチングメタルぎっしりの横浜にあるやつでした。
アクアラインの「風の塔」はなんと平山郁夫デザイン。

平山郁夫って。。。
芸能人が絵本書くようなものか?

むー、やりたいことをやりたいようにやるためには
職人的、技術的な部分だけではなく、自分をいかに高く評価してもらうか
というのが大切ということですね。

本業のグラフィックデザインが現在大きな壁に当たっているので
こういうことは非常に考えさせられます。

続きを読む

2005年05月05日

仲亀清進

前回の建物探訪(4/30放送)で登場した建築家。
鶴見の自邸なのだけど、この自邸の借景がものすごい。
三方を緑に囲まれているというだけでなく
桜が満開だったのだ。

うーむ。やはり環境か。。。



続きを読む

2005年04月23日

増沢 洵

9坪ハウスという形で
最近リメイクされることが多いようですが
彼の「最小限住宅」は
まさに最小限を極めた住宅だと思います。

それに比べると、確かに面白いのですが
今の人の9坪ハウスはもう一つ。



続きを読む

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。