2007年01月06日

本年の目標-資産運用-

遅ればせながら今年の目標なんぞ。。。


資産運用関連では
今年は地味に、そして堅牢な方向へシフトしていきます。
そういう意味ではあまりブログ的には
面白くないかもしれませんねぇ(^_^;)

よりシンプルに、そしてより負けにくい投資への
第一歩かな。。。。


続きを読む

2006年12月16日

お金との距離

お金のことを沢山考えながら
こんなblogを書いているので誤解されやすいのだけど


私はお金のことを考えるのは嫌いです。


だから、どうやったら
お金のことを考えないように
暮らしていけるのか。

お金のことを考えないで暮らすために
何をしなくちゃいけないのか。

そんなことを考え続けているわけです。




最初に就職したときのこと。

先輩たちの人数が多くて、
これでは出世も給料アップも難しそう。。。
どうしよう。もっとお金がないと
生活ぎりぎりだよなぁ。

そんなことを思ったのが
投資をはじめるきっかけでした。



そのあとも転職したり、起業したりと
気がつけばよりお金のある状態=安心な状態
を求めてさまよっています。

株だ、為替だ、いやいや不動産投資だと
あれこれ投資し続けているのは
結局のところ、いつかくる未来。
お金のことを考えなくても
いいようになる日が来ることを夢見て
お金を増やすことを考えているってことかなぁ。



でも最近ここにちょっと矛盾を感じるのです。


お金を増やす情報がないかと
血眼になってネットの記事を読みあさり
人が儲けていそうなら、その秘密を知りたくて
セミナーに参加してみたり。。。



果たして、私の人生はこれでいいのだろうか?



ツールとしてのお金は必要なものだし
とても大切なものだけど、
それにエネルギーと時間をかけすぎるのは
あまりにももったいなさ過ぎるのではないか。。。


必要なモノだから、きちんと考えていくとしても
もっと距離を置いていくべきではないか。


お金に限らず世の中にあるいろんなものと
自分の心の中にある世界との距離を
もっと確かめていかないといけないのかもしれません。


そういえば私の好きな池澤夏樹の小説
「スティル・ライフ」にこんな文章がありました。

大事なのは、山脈や、人や、染色工場や、
セミ時雨などからなる外の世界と、
きみの中にある広い世界との間に連絡をつけること、
一歩の距離をおいて並び立つ二つの世界の
呼応と調和をはかることだ。

たとえば星を見るとかして。

     
     

続きを読む

2006年12月02日

コツコツコツコツ

新興株中心だった私のポートフォリオは
今年はメタメタだった。

ただ今週はちょっといい感じ。
5%上昇して、底打ち感が出てきた。
来年は今年の分を取り戻せることを期待して
また放置の日々だ。
バイ&ホールドともいうかな。

いや、塩漬けだ(^_^;)



きちんと数字を見ていないけど
今年の私の資産の増減はほとんどゼロ。
これからひと月でどれだけ伸びるか次第で
人生初のマイナスということもあり得るなぁ。。。


どうも昨年あたりから、
自分の本業より、資産の変動のほうが
大きくなってきている。

どんなに仕事でコツコツ稼いでも
一日で数十万も変動されると
仕事ってなんだろう?って
なんだか虚しくなったりもする。

もちろんプラスならうれしいけど
月給を1日で稼げてしまうと
それはそれで問題だよなぁ。



お金を動かすことでお金を増やすというのは
私にとってのよりよい人生とは
なんだかちょっと違うのかも。。
と最近は思うことが増えてきた。

確かにお金に効率的に働いてもらうことは
自分にとっても、社会にとっても
大事だろうとは思うのだけどね。


なんだか書いていて矛盾してきた。(^_^;)



ま、出来ることをコツコツとやる。
昨日より今日を、今日より明日を充実させる。

そんな毎日をコツコツと積み上げていけば
いつか、どこかにたどり着けるんじゃないか
そんなふうに思うわけです。
 

続きを読む

2006年11月14日

温泉でいろいろ考えた

実は最近ではすっかり普通に仕事をしている。

最初はどうしても断れない知り合いからの仕事。
次にどうしても私にやってほしいという仕事。

そうやって仕事をしてみて気がついたのだけど
以前のようにいやいややっている訳ではない自分がいた。

いざとなればやめればいいやという開き直りからなのか
なんだか世界は変わって、仕事が楽しくてしょうがない。

かなり自分勝手に作っても、それがまた好評だったりして
いい意味でワガママに仕事をさせてもらっちゃっている。

そんな風に仕事をしてみると、
やっぱり仕事をするのは好きなんだなぁ。。

もちろん完全にリタイアするなら、
全然別のことを始めるのかもしれないけど
今しばらくはこの仕事を続けてもいいんじゃないの?


そんなことを温泉につかりながら考えてました。


考えてみれば家賃とFXで年間収入1500万。
あとは経費を減らして、キャッシュフローを増やして行けば
もうこれ以上いらないのかもしれない。

仕事で稼いだお金で繰り上げ返済を積極的にするだけでも
いいんじゃないのか。

満足行くものが手に入らないのなら
無理に不動産を買うことはないんじゃないのか。

投資に当てていた時間を、
もっと別のことに使った方が人生豊かではないのか。

血も、思考もめぐります。




1個食べると7年寿命が延びるという箱根名物「黒たまご」
2個食べたので寿命が14年も伸びてしまいました(^_^;)





続きを読む

2006年10月28日

山に登る話

ときどき妻と山に登る話をする。
この場合の山はホントの山ではなく、例え話。

ライフスタイルとか人生とか仕事とか。


山はいつも雲や霧で覆われていて
ふもとからはどんな山なのか、
どのぐらいの高さがあるのか
どんな景色が見えるのかすら分からない。

いつまでも霧が晴れるのを待っていてもしょうがないので
自分の登りたい山はこっちだろうと
霧の中を手探りで登っていくのだ。


すると、あるとき突然雲を抜けて頂上が見えてくる。

まあ、それが自分の登りたかった山ではない。
なーんてことがしょっちゅうなんだけど。。(^_^;)


最初に会社に入って5年。
あるとき霧が晴れて
ここにいても自分のやりたいことが出来そうにない。
と気づいて会社を辞めた。
頂上までは結構あったのだけど
頂上からの景色も良くないだろうというのが
明らかだったのでさっさと降りた。


次の会社に入って1年。
さくっと雲を抜けて山の頂上に立った。

頂上に立ってみて、さらに向こうのほうに
もっと素敵な山がそびえているのが見えた。

向こうの山からの景色はどんなだろう?
きっと素晴らしいに違いない。

そんなことを考えていたら
どうしてもあっちの山に登りたくなって
この山も降りた。


現在は3つ目の山を登っている途中。
頂上が見えたかなと思うと、さらにまだ上があって
それをもう何年も繰り返している。


今までの山と、根本的に違うなぁと思うのは
他にこの山に登っている人がいないこと。

今までの山は少し先に誰かがいて、
その人の後をついていけば簡単に登れたのに
今度の山は登山道すら整備されていない。

自分自身でルートを考えて、切り開く。
当たり前のことのはずなんだけど
どうしても整備された登山道とかケーブルカーとかを
ついつい探してしまう。

いつの間にか自分で考えることを放棄していたんだなぁ。
なーんてことを考える日々。

人生はムツカシイネェ。



投資ブログランキング
人気ブログランキング


続きを読む

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。