2007年01月08日

アセットアロケーション2007



自分なりに家族の資産(アセット)と
割り当て(アロケーション)を見直そうかなということで
円グラフにしてみました。

そしてこれをさらすことが
誰かの何かの参考になればいいかなぁ。

数字は2007年年頭の割合です。
不動産価格は簿価から負債を差し引いて算出しました。





それにしてもかなりゆがんでます。
よい子はまねしないように(^_^;)



[日本流動性資産]9%
主に証券会社のMRF、ネット系の銀行預金


[日本株式インデックス]0.22%
TOPIX連動型上場投資信託(1306)


[日本株式アクティブ]20.26%
自分での運用(新興市場+グリーンシート中心)


[外国流動性資産]10.27%
FX、外貨MMF、
レッグ・メイソン・米ドル・マネー・ファンド(シティバンク)


[外国株式アクティブ]7.53%
自分での運用(アメリカ株、中国株)
MFS・グローバル・エクイティ・ファンド(シティバンク)


[外国不動産]0.65%
ジャナス・セレクション US-REIT・ファンド(シティバンク)


[日本不動産]52.03%
自分での運用(13戸)



まずは日本と海外の株式のバランスを
変えていきたいですところですなぁ。


この記事へのコメント
ランゲルハンス島様

あけましておめでとうございます。


>それにしてもかなりゆがんでいます。

私はそうはおもいませんが・・・・。
日本の不動産は、投資であると同時に生活費を得るための主たる事業だといえるので、決してゆがんではいないと思うのですが・・・・・。
むしろ不動産以外の資産のバランスを悩んだほうが良いのではないでしょうか?

それから、不動産は簿価(取得原価会計)ということですが、時価・時価会計(間違いなくこの価格なら売れるという価格で良いと思います)で、もう一つグラフを作って比べてみるのも参考になると思います。

私が考えるランゲルハンス島さんのポートフォリオの弱点は、不動産のウエイトが大きすぎることではなく、それ以外の資産が外国の不動産を除いて、その他すべてが、国内外の管理通貨制度に包括された資産に投資されているということにあると思います。

政治に支配されている、管理通貨制度による通貨制度では、金というきちんとした尺度(取り決め)がないので、各国の政府は、通貨及び国債を増発することにより国民から自由にお金を騙しとることができます。(日本の国債は限度をこえてますが)
もちろん、健全な財政の国の通貨に投資をすれば比較的に安全ですが、国際通貨制度の枠組みの範囲の中での限定された安全にすぎないと考えます。
国内外の株式、債券、その他金融商品は、国際通貨制度に包括される資産として分類されますので、その範囲内でのポートフォリオということになってしまうのではないのでしょうか。

ランゲルハンス島さんの資産規模ならば、ポートフォリオに国際通貨制度から独立した資産で、かつ換金がいつでもできる資産である金、プラチナ地金の現物をぜひ加えることをお勧めします。
もっとも、金、プラチナは、いいところまで上昇してきましたので、ひとまずは少量保有して、下がったとき、または他で稼いだ時に買い増すことをお勧めします。

資産として保有の対象になるのは、金の500cバー、1キロバーとプラチナ500cに限定されます。
それ以下のバー及び金貨は割高なのでお勧めしません。
購入は、東京工業品取引所会員の地金店で購入すれば安全です。
金、プラチナ地金の売買によくある誤解には、買った店でないと換金してくれない、品質に難癖をつけて買い叩かれる、すぐに換金してくれない、等がありますがそのようなことはありません。
金額が大きくない限り、すぐに換金してくれます。
店によりますが、壊れた貴金属製品(18金・14金等)も、その場で換金してくれますよ。
また、現金持参の現物取引ですから、少量なら(裏)のメリットもあります。このことは詳しくは書けませんが・・・・。(笑)

というわけで、金、プラチナの現物をポートフォリオに加えることをお勧めいたします。
















Posted by けー太 at 2007年01月08日 15:19
>けー太さん

いつも新しい気づきをくださって
ありがとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


金、プラチナ!

確かに政府などに管理されない資産。
検討したいと思います。
というか、さっそくリサーチしてみたいと思います。

取り急ぎのコメントでした。

今日のブログにでも、もうちょっと
考えながら書いてみますね。
  
Posted by ランゲルハンス島 at 2007年01月08日 16:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31034563
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

アセットとアロケーション
Excerpt: ランゲルハンス島さんに触発されて、 ウチのアセット(資産)のアロケーション(割当)を考えようと 円グラフを作ってみました。わ〜、大ゆがみ。 今年の割当も考え、夫が起きたらプレゼン♪
Weblog: 不動産投資で早期リタイア♪
Tracked: 2007-01-13 06:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。