2006年11月18日

消えた会社-2-

最初に消えた会社-1-をお読みください。


[13:30]

法務局の方から、
いろいろと清算などについて詳しく聞きました。


結局のところ、存在がなくなったということは
なにもかもチャラということになるらしい。
保証とかそういうのも全部。


清算結了登記中ということは、
もう財産の清算も終わっているわけで
私の取るモノなど残ってやしないし、
請求しようもないってことか。。。


悔しいなぁ。。。
もっと早く気づいていれば。。



そんな気持ちで敗北感いっぱい。
とぼとぼと会社へ出社することにしました。(電車¥330)



[14:00]

会社のそばまでやってきて
なにか重大な見落としをしていることに気がついた。


あれれ、○○区にある「○○建設株式会社」って
ほんとに△△市にあった会社と同じなのかなぁ。。。

結局、代表も移転前住所も分からなかったんだから
同一とは限らないじゃないか。。。

破綻のタイミングがやけに似ているけど、
隣の市にも同じ会社名があるくらいだから
ここも同じ会社名ということもあるよなぁ。


とりあえず、やっぱり内容証明+配達記録を出しておくか。
やれることは全部やっとかないと後悔するものなぁ。。


昨日夜なべしてつくった内容証明をもって
近所の郵便局へ。

もちろん内容証明なんてはじめてで
ちゃんと作れたのか自信はないのだけど。。。



窓口でお願いしますと差し出したところ

「内容証明はうちでは取り扱いがないんです。
 隣町の集配局へお願いします。
 ほんとうにほんとうに申し訳ありません。」

だそうだ。



しょうがなく隣町まで徒歩15分。。




[14:30]

「内容証明っていうのを送らないと
 お金が返ってこないらしいんです。
 どうやって書けばいいんですか?
 あの15万がないと来月の家賃が払えないんです。
 わたし困るんです。」


隣の窓口でお姉さんが局員相手に怒鳴ってる。
私のほうはその100倍かもしれないんだけどなぁ。。。
なんて思いながら、昨日作ったものを差し出した。

1通は自分の保存用。
1通は郵便局の保存用。
そして1通が相手に届くので合計3通。

印鑑とかはいらないらしいが
自分の名前のところだけ自筆にして
印鑑もばちっと押して、ちょっと雰囲気を出してみた。

我ながらいい出来なのだ。
いや、出来がよくてもなぁとも思うけどさ。


「あ、配達記録もプラスしてください」

忘れるところだった。



「合計で1470円になります。」

ぐ、ワンセット2枚になったのが響いて
結構お高くなってしまったようです。



さらに続きます。


この記事へのコメント
内容証明か、懐かしいなぁ・・・
俺も書いた書いたとか言ってる場合じゃないですよね。

色々と大変でしょうけれど
頑張ってくださいね!!!
Posted by タニア at 2006年11月18日 01:35
>タニアさん

最近読んだ本にあったのですが
苦労を乗り越えると次に同じ苦労があったとき
苦労には感じなくなる
というのがありました。

まあ、大家としては
どこかで通る道でしょうね。(^_^;)

 
Posted by ランゲルハンス島 at 2006年11月18日 01:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。