2009年04月15日

税理士さんと会社の決算で打ち合わせ

現状80万ぐらい利益が出ちゃってるようだ。

うれしいような、悲しいような。


さて、これをどう圧縮するかが腕の見せ所ですかねぇ。

ちょっとショックだったのは
築40年で買った社宅物件の
減価償却が7年ではなかったこと。

まあその辺も含めて、いちど整理して
また打ち合わせましょうとのことでした。
 
 
この記事へのコメント
ランゲルハンス島さん、そうです。
中古の場合、減価償却の年数は2割増になります。

会社の決算を締める前であれば、パソコンとか機材を
買って経費で落としてトントンにすることもしますが、
3月末で締めてからの利益だとどう対応するか、
興味ありますね。
Posted by dubkuma at 2009年04月21日 00:14
dubkumaさん

そうなんですよねぇ。2割増し。

うちの場合はとにかく細かく耐用年数別にして
早期消却をするのみです。
 
Posted by ランゲルハンス島 at 2009年04月22日 02:23
うちの会社も6月末が期末なのです。

買い控えをしていた機材の購入や修繕の前倒しなど、
ここ数ヶ月でいろいろ対応中です。

いろいろ対応してぴったりの数字に納めると、税務署に
疑われないか、ちょっと心配です。
Posted by dubkuma at 2009年07月28日 13:09
dubkumaさん

結局、購入物件を細かく分解して、
それぞれの耐用年数に合わせて計算してもらいました。

それでも40万ぐらい利益残っちゃったかな。。

節税の範囲なら何でもありでしょう。
疑われても毅然と答えられる範囲であれば
イケイケどんどんですよ。
 
Posted by ランゲルハンス島 at 2009年07月31日 15:23
ランゲルハンス島さん、なるほど。
その方法がありますね。

こちらはお盆も休まず、せっせと作業し、
確定申告が終わりました。

ちょっと利益がありましたが、今回は益金不算入もあり、
トントンぐらいに納めて、うまく節税できました。
Posted by dubkuma at 2009年08月17日 23:36
dubkumaさん

トントンぐらいに収まったのは
何よりですねぇ。

うちは新築のだった物件の
減価償却が重くなってくる10年後ぐらいが
ひとつの勝負です。

Posted by ランゲルハンス島 at 2009年09月01日 00:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。