2009年02月05日

人生最後の日だとしたら

R090205.jpg


「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、
 今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」

アップル創始者のスティーブ・ジョブズ(53)が
米国スタンフォード大学の卒業式で
学生たちに語った言葉です。
原文はこちら



この言葉をスティーブ・ジョブズは17歳のときから
毎日自分に問いかけているのだそうで、
この答えがNOの日が続くなら
何かを変える必要があるのだと気づくのだそうです。



さて、
ってことで、
自分の仕事を見直して見ているわけですが。。



どんな風に仕事をしたいかと考えると

・いつ仕事をしてもいい。
・どんな場所で仕事をしてもいい。
・仕事のやり方の決定権を自分が持つ。

が現在の理想。



今現在の状況として
誰かが発注してくれる
誰かが決めた仕事をすることで
毎日が成り立っていることが
問題なんでしょうねぇ。


会社員だとしたら、
会社の都合でいつリストラされるか分からないとか
いつ異動になるか分からないとか
自分で部署を選べない感じに近いかもしれません。



結局は自分で仕事を生み出すこと。

そしてその仕事を人が必要としてくれて
どういう形かで対価を支払ってくれる。

そういう仕事をしないと
駄目ってことでしょうね。




スティーブ・ジョブズのスピーチは
こんな言葉で締められています。

「Stay hungry, stay foolish」

どっちも足りませんなぁ。


R090205-2.jpg

スティーブ・ジョブズの流儀


 
この記事へのコメント
ランゲルハンス島さん、この辺はみんな思っている部分でしょう。

この内容なら、この人に頼もう、発注しよう、という部分と
自主的にインディーズでもいいから発表し続けよう、
という両面が必要になると思います。

なかなか継続するモチベーションを持ち続ける
のが難しいんですけどね。

あと、財務の安定があって、いろいろできるので、
不動産で柱ができている場合は有利だと思いますよ。
Posted by dubkuma at 2009年02月11日 06:15
dubkumaさん


とりあえず、すこし動き出しました。
ここに発表しても恥ずかしくない状態(?)になったら
書きたいなぁとか思っていますが、
3年ぐらいかかるかも。。。(笑)

とにかくタイムマネジメントが
必要なようです。
 
Posted by ランゲルハンス島 at 2009年02月19日 00:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。