2009年01月20日

自宅リフォーム-04

R090119-1.jpg


白く塗ればなんとでもなる。
これが今回のリフォームの私の結論(^_^;)

上の写真の部分に引き戸をつけて
白く塗るとこんな感じ。


R090119-2.jpg

床を張り、天井はそのまま塗装しました。
右の壁はエアコンのダクトを通すために
石膏ボードにパテ塗りペンキ仕上げ。




R090119-3.jpg

キッチンは既存のもの。
高さを変えたり、位置を変えたり
ライトを追加したりでこんな感じに。


R090119-4.jpg

明るいキッチンになりました。
梁との間に開いた隙間にはカウンターを。




R090119-5.jpg

古いサッシだったので交換。


R090119-6.jpg

カバー工法で窓は全面クリアガラス。
庭がよく見えるようにしてみました。
ついでにペアガラスにして保温性アップです。




R090119-7.jpg

壁だったところに収納新設。


R090119-8.jpg

閉めると壁と一体になる
すっきりとした収納になりました。
上の段は押すと開くマグネットプッシュ式。



まあざっくり書くとこんな感じです。



次回は、ちょっと凝った部分を
紹介することにしようと思います。


過去記事はこちら
自宅リフォーム-01 スケジュール
自宅リフォーム-02 設計検討
自宅リフォーム-03 図面と仕様


 
この記事へのコメント
ランゲルハンス島さん、白と無垢のコントラストが
いい感じです。

ざっくり、あっさり、開放感があって、風通しよく、
居心地がよさそうです。

シンプルなのが好きな人には、こういう
感じは刺さります。

あと、低予算の宿命ですが、かなりの面積の
ペンキ塗り、ご苦労様です。

わたしもやりましたが、ローラーでせっせと
壁と天井を塗ったんでしょうねぇ。
Posted by dubkuma at 2009年01月21日 22:22
dubkumaさん

ペンキ塗り、おっしゃる通り
ローラーと刷毛でせっせとやりました!

確かに大変でしたが
面白かったほうが大きいですね。

ただ砂壁だけはもうかかわりたくないかも。。(^_^;)

 
Posted by ランゲルハンス島 at 2009年01月23日 08:15
ランゲルハンス島さん、確かにペンキ塗りは体力的には
厳しいですが、塗ったら、塗っただけ、成果が見えるので、
精神的には満足しますよね。

砂壁は和室だったところは下地まで全部砂壁でした?
こういう箇所は砂部分を全部剥がすか、逆に上にパテ塗りや
モルタル盛りをしないと、全部、砂部分がペンキを吸って
しまって大変です。

うちの事務所も砂壁の和室でありましたが、砂部分が
薄かったので、ゴリゴリとモルタル面まで剥がして、
シーラーとペンキ塗りをしました。
Posted by dubkuma at 2009年01月25日 23:24
dubkumaさん

壁面はごりごりしてもらったのですが
天井はそのままだったので
かなり苦戦しました。

コスト的にはかなり安上がりだったとは
思うのですが、もうこりごりです(笑)
 
Posted by ランゲルハンス島 at 2009年01月26日 07:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112873583
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。