2009年01月12日

自宅リフォーム-03

R090112.jpg


で、結局どんな感じになったのか
備忘録も兼ねて。。。


 

まずは間取りから

間取りは悩みに悩んだ結果、
既存の風呂、トイレはそのままに
巨大なワンルームに。

間仕切りで1LDKに出来るように
引き戸をつけました。

収納は1カ所だけにして
コストダウン。

プロジェクター用に一面だけ
きれいな壁をつくりました。



素材としては

床はすべて無垢材のフローリング。
色味の好みでバージニアオーク。
(材料費 5800円/平米)

壁はすべてペンキ仕上げで
これは自分でやることに。

また扉関係はすべてシナにして
床以外はとにかく安くを
心がけました。




快適に、気持ちよく過ごしたいけど、
そんなにお金をかけたくない。

そんな感じでしょうか。


人に貸すとなると気になることでも
自分たちで使うなら気にならないことは
結構あるわけで、

かっこ良くいえばラスティック※な感じ。
人によっては「何これ工事中?」
といわれてしまうわけですが
自分たちがよければそれでよし
というわけです。


過去記事はこちら
自宅リフォーム-01
自宅リフォーム-02



ラスティックとは「素朴な、田舎風の、粗削りな」という意味。
素材の味をそのまま活かした自然感あふれるテイストのこと。


 
この記事へのコメント
ランゲルハンス島さん、自宅のリフォームは、
やはり巨大なワンルームになりましたか。

ペンキ仕上げの壁や天井の様子やビフォアー、アフターの
見比べをしてみたいですね。

うちの事務所も大きなワンルームで壁が少なく、窓が多いので
家具と収納するものについては、よく考えます。

昔に比べて音楽や映像ものはデジタル化が進んで、だいぶ物が
減りましたが、やはり、紙、書類、雑誌、本が一番処理に困りますね。

Posted by dubkuma at 2009年01月12日 21:47
dubkumaさん

間取りは間仕切りがあるので
ワンルームと1LDKの間というほうが
しっくりくるかもしれません。

施工中の写真も含めて
そのうちアップしますので
お楽しみに。


うちも音楽と映像はかなりデジタル化が
進みましたが、
押し入れの奥にしまってあったものを
ハードディスクの中に押し込んだだけで
必要なのは整理整頓なんだなぁと
我ながら自分の物の管理の甘さにあきれる日々です(笑)。
 
Posted by ランゲルハンス島 at 2009年01月13日 00:25
ランゲルハンス島さん、施工中とできあがりの写真の楽しみに待ってます。
うちもデジタル化に関してはハードディスクに突っ込んだだけで、同じ状況ですね。
本当はデータベース化してちゃんと管理すればいいんですが、なかなか面倒で。
Posted by dubkuma at 2009年01月18日 00:19
dubkumaさん

近々アップしますね。


ものに関しては、持たないことなんだなぁ
と実感します。

何日聞き続けても聞ききれない音楽。
ハードディスクにいれたまま
何年も見てない映画。
1年で1万枚以上増えていく写真。

1TBあたりを上限になんとか管理したいですね。
 
Posted by ランゲルハンス島 at 2009年01月19日 11:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。