2008年08月26日

誰かのせいにしたいのだ

R080826.jpg

タウンハウス分譲の「セボン」
戸建分譲開発の「創建ホームズ」と
相次いで逝ってしまいました。




不動産株の仕入れは早すぎたようですねぇ。
まあほったらかすつもりなので
どうでもいいですが。。(笑)




それにしても、
民事再生手続き開始のお知らせを読んでいると
経営者は何を考えていたのかなぁと
思わずにはいられません。


セボンは分譲のみならず
投資用不動産のリニューアルや
売買をしていたようですし、
あろうことか子会社では
ラブホテルまで手がけていたと。。

知らなかったなぁ。

分譲だけコツコツやってれば
よかったのに。。

1985年から23年。
何を見てきたんだかねぇ。

不動産業界における急速な信用収縮の多大な影響を受けた結果、物件の売却決済が間際に延期ないし不可能となる事態に相次いで見舞われました。


だそうです。




創建ホームズのほうは
ターゲットであるニューリッチ層の
購買意欲低下を理由に上げていますが。。


当社と同種事業を営む住宅・マンション供給業者が立て続けに破綻したことなどにより当社の事業を巡る経営環境は更に厳しいものとなり、当社の資金繰りも急激に悪化するところとなって、今月末の決済資金の調達の目処がたたず支払不能のおそれが生じたため、




んー、なぜ、
同種事業を営む業者が破綻すると
経営環境は厳しくなるのでしょう?

資金繰りが悪化したのは
だれのせいでしょうか?



自分の責任を少しでも他人に転嫁したい
気持ちが見え見えです。


成功は自分の努力のたまもの、
失敗は他人のせい。。

なんだかお気楽な商売ですねぇ。

 
この記事へのコメント
こんにちは。
いま、取引先が目に見えて危ない状態です。
逝ってしまっても被害が最小限になるように、契約上の手当てはしてありますが、余計な手続きが増えることを考えると、ほんと勘弁してほしい。

>自分の責任を少しでも他人に転嫁したい気持ちが見え見えです。

激しく同感!!
Posted by トゥイーク at 2008年08月26日 21:04
トゥイークさん

被害が最小限になっても
いろんな時間は取られますからねぇ。

再生、やり直しのための
有限責任なのは分かるのですが
最近の民事再生のお手軽さには
なんていうかモラルが足りないような
気がします。
 
Posted by ランゲルハンス島 at 2008年08月27日 11:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105462617
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。