2008年08月22日

日本の不動産と一緒に沈むつもりはないけれど。。

R080822.jpg


不動産関連株の下落が
あまりにもはげしいかったので
週のはじめにちょっとだけ不動産株を
買ってみました。



ただでさえ、
不動産をたくさん持っていて、
不動産株とは資産のアセットが
よーく似ているのに
やっぱり買ってしまうのは
その業界を常に眺めているからかも。。



現在の不動産関連会社の不振は
突き詰めると高値づかみした土地が原因。

特にマンションなど土地の仕入れから
販売までに時間がかかるものので
その影響が多いようです。



仕入れた土地に
マンションを建てて消費者に売りたいのに
利益を乗っけると
売れない価格になってしまう。

しょうがないので赤字覚悟で
やっと処分しているという
ような状況になっているようです。



そして、これが普通の住宅であれば
(相手が消費者であれば)
値段を下げていけば
どこかで誰かが買ってくれるでしょうが
オフィスや投資用の巨大物件となると
そうもいきません。

投資家が買わないなら
だれも買わないという
最悪の事態が起こるわけですからねぇ。


銀行も自分の身可愛さで
早めに回収に踏み切るのでしょう。。。
そういう意味では
バブルから学んでます。



そんな中、
投資用物件を扱うわけではなく
バブルを乗り越えてきた会社までが
一緒に売られているわけです。

これはなかなかチャンスなのでは
ないでしょうか。




といっても私が投資したのは、
たかだか25万。


25万が250万になるか、
それとも0になるか
という賭けがあったら
あなたは賭けますか?

っていうギャンブル感覚ですけどね(笑)

 
この記事へのコメント
こんばんはー

1番怖いのは、ギャンブルしてないつもりの
ギャンブルですね
Posted by a1914 at 2008年08月22日 22:31
a1914さん

投資と投機は
結構紙一重かなと思います。

だれかにとっては投資でも
自分にとっては投機なんていう場合も
ありそうですから
注意が必要ですよね。
 
Posted by ランゲルハンス島 at 2008年08月25日 12:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。