2008年06月16日

ゴミを生む日々?

R080616.jpg


6月の後半から
全く仕事が入ってなくて
プチリタイア状態を
楽しみにしていた自分。



と同時に、
この先どうなるのだろう?

仕事がなくなったらどうしよう。

不動産のキャッシュフローだけで
子供の教育費は払えるだろうか?

と心配をする自分。



そもそも仕事がないなら、
営業に行けばいいだけなんだけど
どうにも自分の仕事に疑問がむくむくと湧いていて
素直にこの仕事を続けたいと思えないのです。


私の仕事(グラフィックデザイナー)は
基本的に売りたいものを売るための
お手伝い的な側面があります。

言い方を変えると
買いたいと思わせるデザインを
提案するってことなんだけど。。。


じゃあ、私はそれを買うのか
もしくはターゲットと同年代、同性別だとして
それが欲しいのか。

と聞かれると
別に欲しくないかも。。

というか必要ないんじゃない?
とか思ってしまう自分がいるわけです。


最近とりわけお金を使って消費すること、
いわゆる貨幣経済自体に疑問を持ってしまっているので
そんなことを考えちゃう。


例えば雑誌のデザインをする。

そうすると数ヶ月後にはゴミになるものを
売るための手伝いをしているのではないか?
とか。。。。。

廃品回収のトラックに
雑誌が山積みになっているのをみたりすると
もう大変(^_^;)



そんなわけで、なんか仕事するのなら
いや、しなくてはならないのなら
もうちょっと自分の中で整合性が取れた仕事が
したいなぁとか思うのですよ。



とはいえ結局、
お金のないことに不安な自分に負け、
月刊誌のデザインの依頼を受けて
こうして日曜の深夜に働いているわけですが。。

あー、またやっちまった。


断る勇気も持ちたいものです。

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。